韓国ごはん

【新村】数々の韓国ドラマ撮影でおなじみの人気居酒屋『パンジャチッ』

少し早めの夕食でコプチャンを食べ終わったら、お腹いっぱいになってしまいました。とりあえず歩いてカロリーを消費せねばとウロウロしていたら、延世路の十字路に設置されていたサイン会場に、たくさんの人だかりが!

誰がくるのかと聞けば、なんと某有名アイドルがやってくるというではありませんか。メンバーの名前はちんぷんかんぷんだけど、折角なので目の保養に拝見しておきました。

余談ですが、やってきたのは男性アイドルグループだったにもかかわらず、男子のマスターがいて驚きました。男性グループなら、女子のマスターという固定概念があったので。

ヲタ活からは遠のいていたため、久しぶりのイケメンを見て、これまたお腹いっぱい。そんなこんなで、この後ふらふらお店散策などをしていたら、なんだか小腹が空いてきました。

というわけで、これまたずっと行きたいと思っていた居酒屋にふらっと寄ったので、紹介します。

行った日:2018年8月31日(金)19時40分
食べたものとお酒の料金: 김치해물전(キムチ海鮮ジョン)13,000ウォン
먹태구이(スケトウダラ焼き) 12,000ウォン
막걸리(マッコリ) 4,000ウォン

「新村」駅から『パンジャチッ』への行き方について

地下鉄2号線「新村」駅4番出口より徒歩3分です。大通り沿いを歩いていると、左手に交番、そして『CU』や『lalavia』があります。

そのまま通り過ぎた先にすぐ、左側に入る道があります。すると、めっちゃ急な階段が。のぼりきった先に何があるか見えなかったので、不安になったのですが、地図を信じて階段を上がると、目指していたお店がありました!

ただし私たちの行き方より、これから説明する方をおススメします。まず4番出口を出たら交番が見えるのですが、すぐ左に入る道もあります。

こちらを入った方が、急な階段を上らずに済むからです。そして1つ目の角を右に曲がりまっすぐ歩いて行くと、左手にお店が見えます。

「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」や「太陽の末裔」でも使われた居酒屋

私が行ってみたいなと思っていたのは、韓国ドラマや映画などで、昔からよく撮影に使われているお店だったからです。

近年の韓国ドラマでは、「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」で、ジョン(パク・ヘジン)、ソル(キム・ゴウン)、イノ(ソ・ガンジュン)が行ったお店、「太陽の末裔」では、シジン(ソン・ジュンギ)とデヨン(チン・グ)が足を運んだお店として知られています。

ロケ地めぐりとかまったくしないのですが、ドラマの中で見ていたお店に実際に行けて、うれしかったです。ロケ地めぐりをよくしている友人の気持ちが、理解できた感じ。

2013年に放送されていた『鮫~愛の黙示録~』の撮影でも使われており、壁には、このお店で撮影されたキム・ナムギルとソン・イェジンの写真が貼ってありました。

地元感たっぷりのおばちゃんたちが、とてもいい感じです

入口の扉はガラス戸なので、入る前にお店の様子が見えたのですが、手前の方は、7割くらい埋まっていました。大好物の地元感たっぷり。

建物からして雰囲気満点で、中に入ってみても、これまたいい感じ。60代くらいのおばちゃんが、笑顔で手招きをし、奥の空いている席の方に案内してくれました。ほっこり。

メニューはこのような感じで、壁に貼られています。メニュー表とか見せられなかったので、壁を眺めながら選ぶ感じでした。

値段もハングル表記。メニュー名の下に書いてあります。ずっと行きたくて、人様のブログなどで数年前からチェックしていたのですが、残念ながら、年々少しずつ値上がりしているのが悲しい。

さて、頃合いを見ておばちゃんがメニューを聞きにきてくれたので、注文しました。

「キムチヘムルジョン」と「スケトウダラ焼き」を注文

パンチャンは、とてもさっぱりした「大根の水キムチ」。しばしこれをつまみに、マッコリをゴクゴク飲む。マッコリがやかんに入っているのが、韓国らしくていいです。

しばらくして運ばれてきた「キムチヘムルジョン」。よくジョンの大きさにびっくりさせられるのですが、こちらも驚くほど大きいです。

複数人で食べるのが基準なので、それを考えれば妥当な大きさなのですが……。味はしっかりしており、海鮮のうまみもおいしさを引き立ててくれます。

ただし後半、油が回ってきて、ねつこさを感じるようになってきました。大きさもあるので、口直しをしたくなる感じ。

そんな時にお助け役となってくれたのが、パンチャンとして出てきた「大根の水キムチ」。口の中がスッキリするので、またまたジョンに手が伸びます。

一品で十分だったはずが、2つ隣の席で食事をしていたサラリーマンが食べていた焼き魚が、とてもおいしそうに見えて、友人が「あれが食べたい」と一言。

ただ壁に貼ってあるメニューを見ても、それらしきものが見当たりません。とりあえず、「먹태(モクテ)」というのが何かよくわからないけど、焼き魚であるのは間違いないと適当に頼んだら、焼き魚ではなく焼いた干物が登場!あわわ。

あとで調べてみたら、もともとは「スケトウダラ(명태 → モクテ)」のことだそう。ただ韓国では、加工法により呼び方が違ってくるのだとか。

吹雪と春風を利用し「ファンテ(黄太):干しダラ、干しスケトウダラ」を作る際、温かくてちゃんと凍らないまま乾燥すると、黄金色ではなく黒ずんだものができてしまうそうです。それが、「モクテ(墨太)」。色にたとえられた呼び名です。

韓国人には人気メニューらしいのですが、これ、大きい上に、かたいっ!しかも、次第に味に飽きてくるのです。マヨネーズやタレに交互につけて食べてみても、やっぱり飽きる……。

サラリーマンが食べていた焼き魚を指さしてメニュー名を言った方が、確実でした。もしくは、ちゃんと聞いて確認すべきでした。

明らかにメニューにはなかったのですが、あの焼き魚は何だったのかしら。今も謎が残り、モヤモヤしたままです。

『パンジャチッ』で一杯ひっかけた感想まとめ

私たちが行った時は、学生よりサラリーマンなどの姿が多かったです。その時々によって違うと思いますが、この日はにぎやか過ぎるわけでもなく、周囲のお客さんの話し声が心地よく聞こえてくる感じで、ゆっくり飲むことができました。

お店の中は広く、席と席の間が適度な間隔で空いているのも、落ち着いて過ごせる所以かも。大人の方でも、居心地の良さを感じながら、お酒を飲める居酒屋ではないでしょうか。

お料理の値段は、複数人で行けば決して高くはないと思います。2人で行くのであれば、2軒目使いで、一品頼んでお酒を堪能する程度なら、高いとは感じないかもしれません。

ちなみにマッコリなら、1本4,000ウォンで飲めます。すごく居心地の良い空間だったので、新村でゆっくりお酒を飲みたくなったら、また行きたいお店です。

【新村】にある居酒屋『ヨン大砲』は、地元感とレトロな雰囲気たっぷり!当初の予定では、2日目の夜はチキンを食べる気満々でした。足を運んだチキン屋は満席だったため、かなり待たされましたが、この日は土曜日だった...

『パンジャチッ』店舗詳細

韓国語の店名表記:판자집
住所:서울특별시 서대문구 연세로2길 29(ソウル特別市 西大門区 延世路2キル 29)
営業時間:17時~4時
アクセス:地下鉄2号線「新村」駅4番出口より徒歩3分

『パンジャチッ(판자집)』MAP

서울특별시 서대문구 연세로2길 29
error: Content is protected !!