韓国ごはん

【新村】にある居酒屋『ヨン大砲』は、地元感とレトロな雰囲気たっぷり!

当初の予定では、2日目の夜はチキンを食べる気満々でした。足を運んだチキン屋は満席だったため、かなり待たされましたが、この日は土曜日だったので仕方ないと思いました。

しかしおよそ1時間待たされた後、アルバイトの大学生に「今日はもう空きそうにないので」とやんわり断られたのです。なぜならば、私たちはまったく知らなかったのですが、この日は日本VS韓国のアジア大会男子決勝戦の日。

チキン屋さんにはテレビがあり、21時間になった途端、野球中継からサッカー中継に切り替わり、店内にいた大学生は大盛り上がり!アウェイ感ハンパなかったけど、チキンが食べたい一心で待っていましたが、断られました。

いや!最初からこうなることわかってたと思うし、もっと早く言って欲しかった……。仕方がないので移動するも、どこもサッカー中継で盛り上がる大学生でいっぱい。とにかく「空いてない」と言われる始末。

「今日はコンビニごはんかもね」とあきらめていた時、偶然にも前からチェックしていた居酒屋を発見。チキンのショックが大きすぎたのと、行きたいお店リストがありすぎてすっかり忘れておりました。

おそるおそるのぞいてみると、おいでおいでと手招きしてくれるおばちゃん。もう、救われたよね!と、前置きが長くなりましたが、そんな経緯があってたどり着いた『ヨン大砲』という居酒屋を紹介します。

行った日:2018年9月1日(土)20時50分
食べたもの:프라이드치킨(1마리)⁺ 계란말이 ⁺ 묵무침 ⁺ 콘치즈 ⁺ 미역국
(フライドチキン 1匹 ⁺ ケランマリ ⁺ ムッムチム ⁺ コーンチーズ ⁺ わかめスープ)
料金:21,000ウォン

『ヨン大砲』への行き方について

行ったのは夜ですが、外観の写真を撮り忘れたので、翌朝、撮りにいきました。なのでお店には、煌々と日が差しております。

お店への行き方はいろいろあるものの、地下鉄を降りてから行く場合、2号線の「新村」駅2番出口から出て、まずは延世路をまっすぐ歩いてください。

しばらく歩くと十字路があり、さらにそのまま突き進むと、『ソルビン』や2階に『BEANS BEANS』のあるビルがありますが、そのまま通り過ぎます。

すると『SUBWAY』が見えてくるので、その手前を左に入り、まっすぐ歩いていると、右手にお店が見えてきます。

まさに祭りの後という感じですが……。照明はかなり暗めで、木の造りもまた趣があります。このお店にテレビはありませんでしたが、多くの学生はスマホを片手に固唾を飲み、日韓戦を見守っていました。

一方サラリーマンやOLさんのグループは、おしゃべりに徹していた様子。ちょうど9割くらい埋まっていて、しばらくすると満席になったため、私たちの少し後にきたお客さんは断られていました。あと一歩遅かったら、コンビニごはん決定でした。

お得なセットメニューを頼んでみました

メニューは、ハングルオンリー。私たちが頼んだのは、セットメニューの3番です。

「コーンチーズ」はコーンの甘みとチーズのおいしさがうまくからみ合い、子どもから大人まで愛される味といった感じ。コーンやチーズ嫌いではない限り、敬遠する方はいらっしゃらないのではないでしょうか。

ちなみに左の黒~いのは、「わかめスープ」。怪しさ満点の見た目ですが、これは単に私の写真撮影がイケてないだけで……。実物はわかめたっぷりで、あっさりとした中にも、うまみが感じられるスープでした。

これは、「ムッムチム」。「묵(ムッ)」が、どんぐりの粉などをゼリー状にかためたもの。そして「무침(ムチム)」というのは、火を使わずに具材とタレをまぜて作る和え物のことです。

日本で食べる機会もないので、個人的には余計に気に入っているお料理です。ただ、すごくおいしい!というものではありません。

それから「묵(ムッ)」そのものに味がないので、合えダレでいただく形になります。そのため、お店によって味が違うと言われるメニューですが、私は今のところハズレなしです。

日本の食べ物に例えるなら何だろうと考えたら、私の頭に浮かんだのは、こんにゃくサラダ。同じような感覚で、食べられるものだと思っています。

クセになる!キムチとソーセージ入りのふっくらケランマリ

この「ケランマリ」は、とっても大きいです。一体、卵は何個、使われているのやら。卵だけかと思いきや、中にはキムチとソーセージが入っていました。このような組み合わせは初めてだったので、衝撃でした。

キムチの味がかなり強いのですが、「ムグンジ」と呼ばれる古漬けキムチを食べた時に感じられるような酸味が、とてもよかったです。家で作ってみたくなったものの、日本ではなかなか出会えなさそうな味のキムチでした。

ちなみに赤いのは、ケチャップ。お皿がケランマリの上に置かれているのが、韓国っぽい……。

専門店にも負けない?サクサクの絶品フライドチキン!

こんがりとした揚げ色に食欲をそそられる「フライドチキン」。アツアツで外はサクサク!中はめっちゃジューシー!

そしてこのチキン、本気でおススメしたいです。見た目は家でお母さんが作りそうな感じのものですが、サクサク感や味については、友人と「チキン屋を超えたね」と話しました。(誰??)

まったく別ものと言えばそうかもしれませんが、このチキンを一口食べた時の感動といったらなかったです!

無念にもチキン屋さんを追い出された私たち、専門店ではあり着けませんでしたが、むしろこのチキンに出会えてよかった!と思えたほど。

1匹を2人でわけるなんて無謀かと思いきや、油っぽくて無理!という事態にも陥らず、あっという間に友人と完食。今このブロブを書きながら、また食べたいという欲求が込み上げています。

家庭でも使えそう!『はちみつマッコリ』

店内はやや暗めの照明になっているのもあり、写真が暗い感じになっておりますが、これは「꿀막걸리(はちみつマッコリ)」。何となくおいしそうという理由で、頼んでみました。

メニュー表には写真がなかったため、友人と私はすでにでき上がっているものを想像していました。ところが出てきたのは、市販のマッコリとはちみつ。これを自分たちで混ぜ、作るスタイルでした。

大きな入れ物の中にマッコリとはちみつを入れ、かき混ぜてでき上がり。完成品を撮影していないのですが、特に色は変わりません。

そもそもはちみつは、甘すぎて悶絶するものでもないので、飲んでみると、マッコリが少~し甘くなった印象。家飲みなどでも、使えそうなレシピです。

はちみつと言えば、日本ではやや高めな印象ですが、韓国は違うのでしょうか。はちみつはそれなりに量があったものの、「はちみつマッコリ」の値段は、たしか4,000ウォンだったはず。お得に飲めた気分になりました。

『ヨン大砲』でしっぽりお酒を飲んだ感想まとめ

セットメニューはかなり量があり、2人で完食などできないかもしれないと思いましたが、お腹が空いていたせいか、見事に食べ切りました。でも普通なら、女性2人には十分すぎる量だと思います。

お料理の味については、どれもおいしい家庭料理を食べているという印象でした。レトロなお店の雰囲気のみならず、味にもほっこりする感じ。そういった理由があり、やすらいでゆっくり飲めるお店なのかなと思いました。

ちなみに、セレクトされるお店が私好みの方が、「パジョン」がおいしいと紹介されていたので、とても気になっています。そのこともすっかり忘れるくらいお腹が空いており、注文後に気づいたため食べられず……。

お会計のレジも、招き入れてくれたおばちゃんが対応してくれたのですが、終始笑顔。最初から最後まで、気持ちよく過ごすことができました。

『パンジャチッ』の雰囲気も良かったのですが、『ヨン大砲』も最高でした。こちらのお店、座席がひとつひとつ仕切られた感じになっている分、やや狭い印象を受けます。

しかし私の場合それはそれで良くて、料理の味も申し分なかったので、こちらもおススメしたい居酒屋です。

【新村】数々の韓国ドラマ撮影でおなじみの人気居酒屋『パンジャチッ』少し早めの夕食でコプチャンを食べ終わったら、お腹いっぱいになってしまいました。とりあえず歩いてカロリーを消費せねばとウロウロしていたら、...

『ヨン大砲』の店舗詳細

韓国語の店名表記:연대포
住所:서울특별시 서대문구 연세로7길 26(ソウル特別市 西大門区 延世路7キル 26)
営業時間:12時~7時
休業日:旧正月・秋夕の当日
アクセス:地下鉄2号線「新村」駅2番出口より徒歩8分

『ヨン大砲(연대포)』MAP

서울특별시 서대문구 연세로7길 26
error: Content is protected !!