仁寺洞・鍾路

【鍾路3街】韓国ドラマで見て憧れていた飲み屋屋台で、ついにお酒を飲んだ!

韓国語で、「포장마차(ポジャンマチャ)」と呼ばれている屋台。韓国語の先生(韓国人)曰く、ちゃんとビニールで覆われている中で、飲食ができる場所をそう呼ぶのだそう。

私にとって韓国の飲み屋屋台は、昔から、よくドラマの中で主人公たちがお酒を飲んでいるシーンを見てきて、ずっと行きたいと思っていた憧れの場所でした。

ところが、今の今までなかなか機会がなく……。いつか行ってみたいと思っている間に、法律による取り締まりがどんどん厳しくなり、屋台の数はめっきり減ってしまったようです。

それでも場所によっては、ちゃんとした屋台が残っています。いくつか教えてもらったのですが、初めてということもあり、有名な「鍾路3街」へ行ってみることにしました。

1回目に行った日:2018年11月10日(土)20時15分
食べたものとお酒の料金:「오뎅탕(オデンタン)」 12,000ウォン
「막걸리(マッコリ)」 3,000ウォン
2回目に行った日:2018年11月12日(月)19時15分
食べたものとお酒の料金:「꼬막(灰貝)」 15,000ウォン
「막걸리(マッコリ)」 3,000ウォン、「매화수(梅酒)」 4,000ウォン

鍾路3街の雰囲気は、独特です

地下鉄1・3号線「鍾路3街」駅の5番出口を上がって右を振り向くと、屋台がずらりと並んでいます。何だかやたらと男性の姿が多く、屋台の向かい側の方を見ると、2人組の男性連れなどが食事を楽しんでいる光景が見えます。

初めて行かれる方は、「何かあるの?」と思われるかもしれませんが、「鍾路3街」はそういう街。そのことを理解されておくと、驚くこともありません。

最初に屋台が5店舗くらい続けて建っているのですが、土曜の20時という時間帯だったせいか、すでにどの屋台も人でいっぱい。2席くらい空いていても、「どこのお店がいいのかな?」と迷っている間に、お客さんががスッと入っていくため、私たちはお店に入れないまま。

仕方がないので、もう一度、引き返してみたものの、やはりすぐに空くわけもなく……。同じ道をさらに突き進んでみると、また数店舗の屋台がありました。

駅から少し離れている分、空いているところはあったのですが、「お店の店主がこわそう」とか「値段がよくわからない」と言いながら、なかなかお店を決められず。

うだうだしている間に、屋台街は行き止まり。またもやてくてく引き返しながら、もし空いている屋台があったら、そこに入ろうと決め、様子をのぞいてみるものの、どこも満席。

結局、駅の近くまで戻ってしまい、「今日は帰るしかないか~」とあきらめていたところ、空いている屋台を発見!ええいっと、勢いで入る私たち。アジュンマが、笑顔でカウンター席に通してくれました。や、やっと座れた!!

とても感じが良い雰囲気の屋台に入ることができました!

アジュンマは終始笑顔で、対応してくれて、お店の雰囲気もとても良い感じ。お客さんは韓国人ばかりで、年齢層はさまざま。20代のカップルが多く、若い女性同士できてる人がいることに驚き!韓国人の先生に、今の時代、決して安くはなくなってしまったと聞いていたので、若い人が行くという印象があまりなかったのです。

意外な客層に驚いたり屋台の雰囲気を楽しんだりしながら、友人とうだうだ話をしていたら、隣のカップルに話しかけられました。日本が好きだと言ってくれて、特に私たちが住んでいる街が好きなのだと!そう!韓国人が好きな、あの街です!

そこから来たと言ったら、めっちゃ喜んでくれた。私たちも、うれしい。ちなみに隣のカップルは大学生かと思って確かめたら、20代後半の会社員でした。本当に、見た目では年齢がわかりません。

ちなみに、韓国人はみんな焼酎を飲んでいるのが疑問だったので、なぜマッコリより焼酎が好きなのか聞いたら、特に男性は、マッコリなんか飲んでいたら弱いと思われるのだそう。だから、焼酎を飲むのだと教えてくれました。席が近いと、地元の人と触れ合えるのも楽しいです。

日本語メニューはあったけど、必ずしも理解できるものではない

日本語メニューはありましたが、ちゃんと訳されているわけではなく、中には読み方が日本語表記になっているだけのものもありました。これ、韓国ではよくあること。

とりあえずお店に行った日は、少し寒かったので、私たちは大好きな「オデンタン」を注文。そして、周りはみんな焼酎を頼んでいましたが、マッコリを頼みました。

パンチャンは、ムール貝ときゅうり

韓国では、よく見かけるムール貝。日本では、なかなか食べる機会がないので、とってもうれしい!スープはさっぱりしているのですが、出汁がしっかり出ていて美味。

そして、手前に見えるきゅうり。日本のものと比べ、少しやわらかめで、とってもみずみずしかった!酢とコチュジャン、プラス何かを混ぜたような合わせ味噌も、さっぱりしていて、みずみずしいきゅうりとの相性が抜群!

おいしい出汁が、舌を大満足させてくれるオデンタン

魚のすり身でできている、この平たい練り物が、個人的には大好きです。かみごたえがあり、食感も良いのです。韓国のおでんと日本のおでんは味付けが異なりますが、こちらはこちらで、あっさりとした出汁のうまみがあり、何度でも食べたいと思わされる味わい。

マッコリは、めちゃくちゃ冷えていました。クーラーボックスから出されていましたが、中に氷がたくさん入っているのでしょうか。とにかくキンキン!肌寒い日でしたが、そんな中で飲む冷たいマッコリは新鮮な印象。

ちなみに私たち、この屋台のお料理の味や雰囲気がすっかり気に入ってしまい、旅行初日だけではなく、翌々日も行きました。

旅行3日目の屋台の中の様子

平日の19時過ぎに行ってみたら、この時は席が空いていてホッとしました。アジュンマが覚えていてくれて、またもや笑顔で迎えてくれました。

私がひとつの椅子に荷物をたくさん置いていたら、どさっと落ちてしまい、近くにいたお客さんが、椅子を持ってきてくれて、「これに置きなさい」と言ってくれた。こういうやさしさに触れられるのも、うれしいところ。

韓国人に大人気のメニュー「꼬막(灰貝)」を注文

さて折角なので、この日は人気メニューを食べてみようと思い、何が人気があるのかアジュンマに聞いてみたら、「꼬막(灰貝)」とのこと。たしかに周りのお客さんはほとんど食べていたし、友人から「おいしい」聞いていたのを忘れていました。なので、迷わず注文。

「꼬막(コマッ)」って赤貝に似ているなと思っていたら、どうやらその仲間なのだそう。日本では見かけることがないのは、ほとんど採れないからなのだとか。一方、韓国では全羅南道地方の特産品と知られ、なじみのある食べ物らしいです。

アジュンマが作ってくれる特性ダレは、何でも合いそう!プリプリの灰貝につけて食べると、これまたお酒がすすみます。

それから、「生ダコ」も人気のようです。アジュンマが水槽に手を突っ込み、タコを持ち上げる場面を何度も見たし、いろいろな人のテーブルの上に置かれていました。

肉も海鮮も、ちゃんと冷蔵庫で保存されているから新鮮で、安心。

そして今日は、マッコリに加え、韓国の梅酒「매화수(メファス)」を飲んでみることに。これも、ずっと飲んでみたいと思っていたもの。アルコール度数は、14%。

日本の梅酒は甘いイメージが強いのですが、こちらは甘さがなく、さっぱり飲めます。なので、どんどんお酒がすすむし、ついついだまされそうなお酒という印象でした。

本当は、まだまだゆっくり屋台の雰囲気を堪能したかったのですが、だんだん寒くなってきて、トイレにも行きたくなってきたので退散しました。

鍾路3街の屋台で、お酒を飲んだ感想のまとめ

私たちがお邪魔した屋台にいらっしゃったアジュンマは、簡単なあいさつや数字なら、日本語でもわかるようでした。あと男性が1人いらっしゃったのですが、だんなさまだったのでしょうか。アジョシもやさしくて、いつも笑顔で注文を聞いてくれました。

ちなみにお料理の値段は、量から考えても、決して安くはありません。「鍾路3街」の場合、値段を掲示されている屋台もあったので比べてみたら、ここが特別高いというわけではなさそうでした。

韓国人の知り合いにもアドバイスされたのですが、1軒目ではなく2軒目として行かれた方が良いと思います。お酒は安いので、つまみはほどほどにし、アルコールで喉を潤すことを目的にするとピッタリな気がします。

屋台は少し敷居が高い印象があったのですが、一度経験してみると、地元の人たちとも触れ合えて本当に楽しかったです。「屋台に挑戦してみたい!」と思われている方は、ぜひ足を運んでみてください~。

error: Content is protected !!