韓国ごはん

韓国で生フルーツ焼酎が飲めるお店は【大学路】にある『パンジョ』

スイカやメロンなど果物の中身をくり抜き、その中に焼酎が入っているお酒は、「フルーツ焼酎」と呼ばれています。

かなり昔、韓国にはそのようなお酒があると知り、実際に飲めるところはないのだろうか?と思って探していた時、ヒットしたのが大学路にある『パンジョ』というお店でした。

写真を見ているだけでも、生フルーツ焼酎を飲んでみたいという思いはヒートアップ!いつか行ってみたいお店として、リストアップしていたのです。

お昼に水原で焼肉を食べ、あまり何かを食べられる余裕がお腹になかったため、飲みをメインに考え、夜は『パンジョ』に行ってみることにしました。

行った日:2018年7月5日(木)19時50分
食べたもの:「イカチヂミ」「ムール貝とエビのサラダ」っぽいもの
飲んだもの:「メロン焼酎」「リンゴ焼酎」

大学路にあるフルーツ焼酎のお店『パンジョ』への行き方

地下鉄4号線「恵化」駅 1番出口を出て右に曲がります。少し歩くとセブンイレブンがあるので、その角を曲がり、細い路地に入っていきます。そこを抜けて左に曲がると、右手にお店が見えてきます。

駅の近くにあり、お店にたどり着くまでの道は終始にぎやかで、いろいろな店舗が並んでいて楽しいです。『パンジョ』には、駅から5分もかからずに到着。

入る前にお店の写真を撮っていると、中からおじさんが登場。笑顔で、日本語を交えながら案内してくださいました。後からわかったのですが、そのおじさんはお店の社長さんでした。

私たちが行ったのは、平日の20時前。コネストさんでの評価も良かったので、かなり人が多いのかと思いきや、お客さんは2~3組ほど。無事に入れてよかった。

お店はとても広々としていて、開放的な雰囲気。やや暗めに落とされた照明が、落ち着きます。あまりお客さんがいなくて静かなのは個人的に良かったのですが、かなり広かったので、逆にこういうお店はガヤガヤしたにぎやかさがあった方がいいなと感じました。

社長さんはとても気さくな方で、どこから来たのかという話から始まり、自慢の息子さんや娘さんなどの写真を見せてくださいました。日本語を勉強されているとのことで、たくさんお話をされたかったのかもしれません。

またお土産として、ハンドクリームやパック、お茶などをくださいました。そしてお話をしていると、あっという間に、注文した「生フルーツ焼酎」が登場。

本場韓国で飲む「生フルーツ焼酎」の味はいかに??

メニューは、日本語表記あり。ちなみに「生フルーツ焼酎」の価格は、どれもすべて11,000ウォン。私たちは、「メロン焼酎」を頼んでみることにしました。

写真などで見た時、「生フルーツ焼酎」に対し、あまりにも期待し過ぎたせいか、「メロン焼酎」の場合、実際に見るとあまりインパクトがなかったです……。インパクトを求めるのであれば、大きな「スイカ焼酎」を頼まれるのが良いかも。

アルコールに関しては、友人も私もお酒が強いせいか、まったくキツいと思いませんでした。瓶で売られているフルーツ焼酎のアルコール度数は、大体14度前後ですが、このお店で飲んだものは、そこまで度数があるようには感じられず。

ただもしかすると、弱い人が飲んだら真っ赤になってしまうのかもしれません。とりあえず私たちは、まるでジュースを飲むかのように、一気に空けてしまいました。

飲み足りない私たちは、あるサイトで見つけたクーポンを利用し、追加で「りんご焼酎」を頼んでみました。(2018年1月現在:残念ながら、クーポンのサービスは終了してしまったようです)

「メロン焼酎」と同じく、私たちには「りんご焼酎」も薄く感じました。しかし通常であれば11,000ウォンする生フルーツ焼酎が、クーポンで無料で飲めたのだから、ありがたいこと。出されたものを素直にいただきました。

生フルーツ焼酎に合いそうなおつまみの種類が盛りだくさん

おつまみの種類は豊富で、どれもおいしそう!ただメニューを見ると、値段は1品18,000ウォン、22,000ウォンなどそこそこするようです。韓国はひとつの料理の量が多いゆえ、そこは仕方がないところもあります。

ネットでも見かけたのですが、社長さんもおっしゃる通り、おススメは「かぼちゃの海鮮蒸し」なのだそう。しかしお昼のランチの影響で、私たちはとても食べられそうになかったため、別メニューを注文。

正式名称は忘れてしまったのですが、「ムール貝とエビのサラダ」っぽいものと、「イカチヂミ」を頼んでみました。

まず「ムール貝とエビのサラダ」っぽいものは、上のフライがサクサクしていて美味。ムール貝やエビの食感は、プリプリ。お酒に合う濃いめの味です。あまりお腹に余裕がなかったはずが、いくらでも食べられました。

「イカチヂミ」も味がしっかりしており、サクサク!これまた、お酒にピッタリの味。おつまみは2種類しか頼まなかったのですが、きっとどのメニューもお酒のあてとして、どんどん箸がすすむ味付けなんだろうなと思いました。

生フルーツ焼酎が飲めるお店『パンジョ』の感想まとめ

フルーツ焼酎についてですが、コネストさんの口コミを呼んでいたら、「焼酎のキツさがなくて飲みやすかった」というコメントがあったので、軽くお酒をたしなむくらいの方とは相性が良いのではないでしょうか。

ただ友人や私のようにお酒が強い方は、物足りなさを感じられるかもしれません。しかし日本のお店では、なかなか飲めないもの。「生フルーツ焼酎」が気になられている方は、話のネタに一度は飲んでみられるのもアリだと思います。

社長さんはお話好きな気さくな方で、楽しい時間を過ごせました。しかしながら、そこは相性。たくさん話しかけられるのは苦手、友達とゆっくりしたいと思われている方にとっては、う~んという感じかも。

とは言え、社長さんの人柄は良いし、現地の人との触れ合いを希望されている方にはおススメです。

ちなみに社長さん曰く、「たまにアイドルがくるよ」とのこと。Kポはさっぱりわからないという方でなければ、誰もが知っているアイドルの名前が出てきました。誰が来るのかについては、実際にお店に行かれた際、社長さんに聞いてみてください~。

『パンジョ(반저)』の店舗情報

住所:서울특별시 종로구 대학로8가길 56(ソウル特別市 鍾路区 大学路8ガキル 56)
営業時間:15時~2時(L.O → 1時)
休業日:旧正月・秋夕の当日
アクセス:地下鉄4号線「恵化」駅 1番出口より徒歩5分

『パンジョ(반저)』MAP

서울특별시 종로구 대학로8가길 56
error: Content is protected !!