韓国ごはん

ソウルでジャージャー麺を食べるなら大学路『萬里城(マンリソン)』

韓国ドラマやバラエティーを見ていると、みんなでとてもおいしそうに食べているシーンを見かけ、そのたびに食べたくてたまらないと思っていたのが本場の「ジャージャー麺」。

初めて見た頃は、濃~い黒茶色のビジュアルからはイマイチおいしさが伝わってきませんでした。しかしながら、俳優や芸人たちが食べている表情をよくよく見ていると「絶品のB級グルメに違いない」と思えてきて、気になって仕方なかったのです。

それからしばらく経った頃、友人が「おススメだよ」と連れて行ってくれたのが、新大久保の中華料理店。そのお店で食べたジャージャー麺はとてもおいしくて、感激しました。

となると気になるのは、やっぱり本場の味。「韓国の有名なお店で食べたら、もっとおいしいのかな??」という疑問が芽生え、お店を検索。

1人で行く予定だったためその点も考慮し、手打ちジャージャー麺が有名な『萬里城(マンリソン)』という中華料理店に行ってみることにしました。

行った日:2017年7月平日 14時
食べたもの:짜장면(ジャージャー麺)
値段:5,500ウォン

『萬里城(マンリソン)』のアクセスについて

お店は、地下鉄4号線「恵化」駅から徒歩5分の場所にあります。大学路は劇場やライヴハウスが多いといわれていますが、街を歩いているのも20代くらいの若者が多かったです。

駅から『萬里城(マンリソン)』までの道のりには、カフェや飲食店が建ち並んでおり、「おいしそうなお店がいろいろあるなぁ」と辺りをキョロキョロ見回しながら歩いているうち、あっという間に着いた印象です。




店員さんの印象やお店の雰囲気について

萬里城の外観

どっしりした建物の2階にあり、階段を上がって行った先には、高級感あふれる広々とした店内の様子が目に飛び込んできました。

お店に行ったのは平日の14時頃でしたが、お客さんは誰もおらず、ちょうどスタッフのお昼ごはんタイム。それでもすぐに責任者とおぼしき男性スタッフが気付いてくれて、外が眺められる奥の席に案内してくださいました。

注文も笑顔で聞いてくれて、とても良い印象。格式の高さが感じられる広い店内にお客が私1人だけなんて、とても贅沢な気分でした。

『萬里城(マンリソン)』で人気のジャージャー麺を頼んでみた

メニューを見ていると酢豚などほかの料理も気になったものの、1品20,000ウォンくらいしており、明らかに1人分ではなさそうだったため断念。最初から決めていた通り、ジャージャー麺のみを注文しました。

萬里城のジャージャー麺

10分くらいすると、お待ちかねのジャージャー麺が登場。それなりのボリュームで、55,000ウォンなんて日本人の感覚からすると、本当にお得に思えます

手打ち麺ということでとても楽しみにしていたのですが、モチモチとしっかりした歯ごたえを楽しめました。モチモチ感が好きな人なら、絶対気に入るはず。

味の決め手となるソースはギトギトとした油っぽさがなく、次から次へとスルスル食べられました。一般的にジャージャー麺は味が濃く、途中で飽きてしまうのですが、『萬里城』のジャージャー麺はそのようなことがまったくありません。あっさりしており、胃もたれもしませんでした。

大学路にある『萬里城(マンリソン)』の感想まとめ

個人的には、しっかりした噛み応えと食べ応えのある麺が、とても気に入りました。どっしり重たい感じのジャージャー麺ではなく、あっさり味が好みの方に向いています。

後から韓国のグルメサイトを見て知ったのですが、レビューでチャンポンや酢豚を絶賛されている方もいらっしゃいました。ジャージャー麺以外のメニューも気になるので、今度は複数の友人と一緒に行ってみたいです。

ちなみに私が行った平日の14時~15時はお客さんが誰もこなかったのですが、コネストさんの記事を読んでいたら、夜は満席になることが多いと記載されていました。人気店のようですので、時間を考慮された上で行かれた方が良いかもしれません。

『萬里城(만리성)』店舗情報

住所:서울특별시 종로구 대학로12길 61(ソウル特別市 鍾路区 大学路12キル 61)
営業時間:11時~22時
休業日:旧正月・秋夕の当日
アクセス:地下鉄4号線「恵化」駅 2番出口より徒歩5分

『萬里城(만리성)』MAP

서울특별시 종로구 대학로12길 61
error: Content is protected !!