韓国ごはん

おいしい焼肉と噂の【忠正路】にある『ドゥトゥム』へ行ってみた

韓国旅行で外せないのが、「焼肉」ではないでしょうか。私も渡韓した際は、友人と合言葉のように「焼肉いつ食べる?」と言っています。

そしてありつけるまで、ずっと「焼肉」という言葉を口にしているような気がします。

韓国で焼肉と言えば「サムギョプサル」が定番ですが、個人的には「モクサル」の方が、脂身が少なくて好きです。

そこで、「おいしいモクサルが食べたい!」と思って探していた時に見つけたのが、忠武路にある『ドゥトゥム』というお店。

勝手に「この方が紹介されるお店なら間違いない!」と思っているブロガーさんがいらっしゃるのですが、その方も絶賛されており、行く価値ありと判断。

というわけで、韓国旅行2日目の夜ごはんは、『ドゥトゥム』へ行ってみることにしました。

行った日:2018年6月13日(水)20時20分
食べたもの:목살(モクサル)、삼겹살(サムギョプサル)
値段:各14,000ウォン

忠正路にある焼肉店『ドゥトゥム』のアクセスについて

ドゥトゥムの外観

最寄り駅は、地下鉄5号線「忠正路」駅。出口は、5番です。地下鉄2号線の「忠正路」駅も5号線とつながっているため、そちらの線を利用されても、同じく5番出口から出られます。

出口を出たら、駅を背にしてそのまままっすぐ歩けば良いだけなので、お店の場所はとてもわかりやすいです。大体3分くらい歩くと、右手にお店が見えてきます。




日本語オーケーなので、韓国語がわからない方でも大丈夫!

ドゥトゥムの内観

お店に到着したのは、平日の20時半前。席は8割ほど埋まっており、お店の人気ぶりがうかがえます。客層はほぼ地元の人で、外国人は私たちと隣に座っていた中国人旅行客くらい。

社長らしきアジョシは日本語ができるようで、「何を見て来ましたか?」と聞かれました。ガイドブックにも掲載されたことがあるらしく、気になられたのかもしれません。

また私たちが行った時は、日本語ができるバイトの子もいました。日本語表記のメニューも用意されているため、韓国語ができなくても言葉の心配を感じず、足を運べるお店です。

注文したのは、「モクサル」と「サムギョプサル」。そのほかのお肉メニューは、「トントロ」(14,000ウォン)と、「韓牛ロース」(32,000ウォン)のみとなっています。

『ドゥトゥム』のお肉の魅力は、21日間熟成された韓国産の豚肉!

ドゥトゥムの熟成室

お店の外からも見えるのですが、店内に入ってすぐ右側に、大きなお肉が見える熟成室があります。画像の右側にあるマークが、国産の豚肉だけを扱っているという「韓豚認証店」の看板。

ちなみに熟成されたお肉がおいしい理由は、柔らかくなり、旨味が増しているから。豚肉の場合、3週間という熟成期間が最もおいしいのだとか。そのような情報だけでも、お肉の味に期待ができます。

ドゥトゥムの生肉

注文して早速運ばれてきたのが、大きなお肉のかたまり!このかたまりを見るだけでも、テンションが急上昇します。色合いも、とっても美しいです。

そしてもうひとつ、『ドゥトゥム』のお肉がおいしいポイント!炭を使って焼いているため、お肉の表面が焦げることなく、中までふっくらとジューシーに焼き上がるのです。

お肉はお店の人が焼いてくれるので、私たちはただただひたすら、「早く焼けろ~」と念を送るのみ。ただ黙って、お肉をじっと見つめるだけの時間が過ぎていきます。

ドゥトゥムの焼肉

お肉は10分もしないうちに焼き上がります。まず画像の真ん中に見えているモクサルは、サクサク!お肉がサクサクしてるなんて不思議な感じでしたが、まさにこの表現がピッタリだと思いました。

周りはこんがりしており、お肉をかむとジュワ~っと肉汁があふれ出してきます。この食感と肉汁が出てくる喜びは、一度食べたら忘れられないはず。

また器に入っているサムギョプサルは、やわらかくてジューシー。モクサルにしてもサムギョプサルにしても、本当に甘いです!おいしすぎるあまり、私たちはひたすら無言で食べ続けました。

お肉はアンデス産の岩塩、それからミョルチジョッ(カタクチイワシの塩辛)を使った特製ダレ(写真の右手前)につけて、いただきます。

特製ダレは、ミョルチジョッがアクセントになっているものの、お肉の味を邪魔することなく、良いバランスでからみ合い、おいしくいただけました。このタレも、クセになりそう。

業者ニンニクと肉

ミョンイナムル(業者ニンニク)も付いてきますが、やはりこの葉に巻いて食べると、さらにおいしさがアップします。

ドゥトゥムのチゲ

パンチャンの「コチュジャンチゲ」は、しっかりとしたコクのある味わい。豆腐やじゃがいもがたっぷりな上、お肉も入っているので、かなり具だくさんです。

ただ辛いものが本当に苦手な友人は、「辛い」と言ってほとんど口をつけていませんでした。辛いのが無理な方は、あまり箸がすすまないかもしれません。

写真を取り忘れたのですが、パンチャンはほかに、ポテトサラダやサンチュサラダなどが付いてきました。

忠正路にある焼肉店『ドゥトゥム』の感想まとめ

お店は広々としているため、隣の席とも間が空いており、ごちゃごちゃした感じがなく、ゆっくり食べられます。店内の清潔感や衛生面などを気にされる方も、『ドゥトゥム』なら安心できるはず。

また私が間違いないと思っているブロガーさんがおススメされていた通り、『ドゥトゥム』の焼肉は、とてもおいしかったです。熟成肉の甘み、それからモクサルのサクサク感は忘れられません。マッチプ決定!

おいしいサムギョプサルとモクサル、そして甘みのある熟成肉を味わってみたいという方にも、満足していただけるお店だと思います。

『두툼(ドゥトゥム)』の店舗情報

住所:서울특별시 중구 중림로 10(ソウル特別市 中区 中林路 10)
営業時間:月~金曜 → 15時~1時30分、土曜 → 15時~24時30分、日曜 → 12時30分~23時30分
休業日:旧正月・秋夕の連休
アクセス:地下鉄2号線または5号線「忠武路」駅 5番出口より徒歩3分

『ドゥトゥム』の場所について

【東大門】韓国人にも日本人にも人気の『肉典食堂』へ行ってきました!9月も渡韓したのですが、先週もソウルへ行ってきたので、先にその時に行ったお店のことから書くことにしました。まずは韓国のテレビ番組のみなら...
error: Content is protected !!