韓国ごはん

望遠洞の『sumussu』は美しい色彩のお粥で、見た目のインパクト大!【閉店】

近年、おしゃれなカフェがあることで知られるようになった「望遠洞」。素敵なカフェがないかなと思って探していた時、たまたま見つけたのはカフェではなく、『sumussu(スムッス)』というお粥やさんでした。

ここのお粥の特徴は、なんといってもインパクト大のビジュアル!あじけない真っ白なお粥とは異なり、ごはんの上には、色彩豊かな具が盛りだくさん。お粥なのに、しっかりと食欲をそそられます。

お店のインスタグラムを見ると、どのお粥の見た目も素晴らしく、どれにしようか迷ってしまうほど。渡韓したら絶対に行くと決めていたのですが、ようやく行ってきたので紹介したいと思います。

行った日:2018年6月14日(木)12時20分
食べたもの:매운새우죽(ピリ辛のエビのおかゆ)
値段:11,000ウォン

『sumussu』は、お店にたどり着くまでの道のりも楽しい!

スムッスの外観

最寄り駅は、地下鉄6号線「望遠」駅になります。2番出口から、徒歩で約15分くらい。15分というと「遠いかな」と思うかもしれませんが、道中には目を楽しませてくれるお店がたくさん建ち並んでおり、退屈しません。

たとえば食べ物を売っているお店や飲食店がずらりと並んでおり、その先には望遠市場もあります。そのため、「遠かった」という印象はありませんでした。

しばらく歩くとにぎやかさがおさまり、静かな街並みへと変わります。おしゃれなパン屋さんやカフェもちらほら。ピンクの自販機でおなじみの『ZAPANGI』もありました。行く予定がなかったので、「ここにあったんだ!」とびっくり。

そこからもう少し歩くと、『sumussu』に到着。駅の出口さえ間違わなければ、駅からひたすらまっすぐ歩けば良いだけなので、迷うことはありません。趣のある一軒家に到着すると、ちょっとテンションが上がります。

お店の前にあったメニューを見て、「おいしそうだね」と友人と話していたら、犬を連れた貴婦人が近づいてこられ、「日本人?ここ、おいしいですよ」と声をかけてくださいました。

友達が「何がおいしいですか?」と聞いたら、「全部おいしいです」とおっしゃり、去って行かれました。果たして本当に全部食べられたのかは謎ですが、お粥を食べるのがますます楽しみに!




スタッフも優しく、ひとりごはんにも向いているお粥やさん

スムッスの内観

私たちが行ったのは、平日のお昼時。写真に写っていない席にはお客さんがいらっしゃったので、3分の1は埋まっていました。お客さんは、地元の人たちが多かったです。

あと、ちょっとしたきっかけで言葉を交わしたのでわかったのですが、スーツケースを引っ張り、1人で来られている日本人のお姉さんの姿も。

スムッスのメニュー

スタッフのお兄さんがメニューを持ってきてくれて、韓国語で注文はレジでするよう教えてくれました。対応も笑顔で、なごみます。

メニュー名だけじゃなく、説明もちゃんと日本語で書いてあるので、言葉に不安がある方でもこれなら大丈夫ですよね。

おいしそうなメニューの中から「ピリ辛のエビのお粥」をセレクト

どれも魅力的なメニューばかりで迷ってしまったものの、私は「ピり辛のエビのお粥」を注文。選んだ理由は、メニューにも赤字で書いてあるのですが、おすすめで、人気のお粥と聞いていたからです。

店内の写真を撮ったり、友人と話をしたりしながら時間をつぶしていると、注文から15分後。待ちに待ったお粥が、運ばれてきました。

スムッスのピリ辛のエビのおかゆ

実際に見ると、やはり目が釘付けになるほど美しいビジュアル!このお粥を見ただけでも、「来てよかった!」と思えます。早く食べたいと思いながらも、写真を撮らないわけにはいきません。

さてお粥ですが、かなりトロットロ!メニュー名には「ピリ辛」と付いていますが、個人的に辛さは感じませんでした。こんなにアレンジされたお粥は食べたことがないので、とても新鮮な感覚。

しかもこのお粥、かなりの量です。お茶碗2杯分くらいのお米は、使われているような気がしました。エビは、大きめのものが4匹ものっているし、満足感たっぷりです。

スムッスのロースのプルコギのおかゆ

ちなみに友人が頼んだのは、「ロースのプルコギのお粥」。半熟卵が少し割れ、とろっと黄身が出ている様子が、これまたおいしそうに見えるではありませんか!

お肉のお粥だったせいもあるのか、友達は7割くらい食べた後、「お腹いっぱいで、もう食べられない」と言い、残していました。

スムッスのロースのプルコギのおかゆ

パンチャンは、お粥とバランスよく食べられる味。ひとつひとつが、とてもおいしかったです。それから、一口サイズのブラウニーが付いているのもうれしい!(写真では、コップの斜め左下にあるものです)

お粥がかなりの量なので、ブラウニーのサイズはこれくらいがちょうどおいしくいただけました。そのあたりのバランスも、しっかり計算されているのだと思います。

望遠洞にあるお粥やさん『sumussu』の感想まとめ

『sumussu』のお粥は、見た目も味も、大変満足できるものでした。中華が取り入れられているのですが、味が重いという印象はなかったです。店員さんも笑顔で対応してくれるし、1人でも安心してゆっくり食事ができます。

メニューの値段は1,000ウォン前後で、お粥という観点から見ると、高めに感じるかもしれません。しかし美しいビジュアルに加え、かなり量もあるので、実際に食べてみると納得できるお値段だと思います。ひと味変わったお粥を楽しんでみたい方はぜひ!

『sumussu』望遠店の店舗情報

住所:서울특별시 마포구 희우정로16길 23(ソウル特別市 麻浦区 喜雨亭路16キル 23)
営業時間:11時~21時(B.T → 15時~17時、L.O → 14時30分、20時30分)
休業日:月曜
アクセス:地下鉄6号線「望遠」駅 2番出口より徒歩15分
instagram:@sumussu

『sumussu』のMAP

서울특별시 마포구 희우정로16길 23

2018年12月1日追記:残念ながら2018年11月30日(金)をもって、望遠店をふくめ、全店が閉店となってしまいました。(インスタにて告知あり)本当にお粥がおいしくて、お店の雰囲気も良かったので、とても残念。またいつか、復活して欲しいお店です。

error: Content is protected !!