韓国カフェ

【東大門】心躍るキュートなフラワーカフェ『THE PIOLA』

韓国で話題になっていると知ってから、ずっと行きたいと思っていたのが「フラワーカフェ」。自分の中でいくつか候補があったのですが、限られた時間の中でどこもかしこも行くのは難しく……。

そこでこの時の旅で行ってきたのが、ホテルからも近かった東大門にある『THE PIOLA』。ネットで見ていても、お店の素敵な雰囲気が伝わってきたので、行ってみることにしました。

行った日:2018年6月14日(木)20時30分
飲んだもの:플라워 딸기 에이드(フラワー タルギ エイド)
値段:5,500ウォン

『THE PIOLA』のアクセスと店内の雰囲気について

地下鉄を利用する場合、地下鉄4号線「東大門歴史公園」駅の5番出口が一番近いです。大きな横断歩道を渡り、徒歩3分ほどで到着。

フィットインや東大門デザインプラザなど、にぎやかな場所からは少し離れているため、人通りはほとんどなく静か。

piolaの外観

お店に着くと、かわいらしいスタッフのお姉さんが、笑顔で迎えてくれました。

店内は赤やピンクに黄色など、色彩豊かなお花で埋め尽くされており、私たちの目を楽しませてくれます。

piolaの内観

たっぷりのマイナスイオンを感じられるくらい、大きな観葉植物もたくさん置かれていました。

また、そこかしこにいろいろなお花が並べられているのですが、なんと天井から吊るされているものまであります。めっちゃ斬新なスタイルに、テンションがアップ。

お店に入るなり、写真を撮らずにはいられません。しかも、どこを切り取っても絵になる!こんなにたくさんのお花に囲まれていると、自然と心が躍ってくるから不思議です。

店内にあるお花は販売されており、韓国に住んでいるなら買って帰りたいほどかわいかった!私たちが行った時、20代前半くらいの韓国女子2人組がいたのですが、実際、そのお客さんたちはお茶を飲んだ後、お花を買って帰られていました。




折角なので、『THE PIOLA』でしか飲めないドリンクを注文!

piolaのメニュー表

とっても喉が渇いていたので、冷たいドリンクが飲みたいなと思っていたのですが、メニュー表を見ていると、「Flower Edition」という気になるジャンルを発見。

自分的にはイチゴがとても気になり、「フラワータルギエイド」を注文してみることにしました。

piolaのフラワータルギエイド

レジで注文してから、約10分後。小さなバラがちょこんと浮かべられている、かわいらしいエイドが登場。色合いも、キュートすぎる!

そしてうれしいのが、細かく刻まれたイチゴの果肉がグラスの底にたっぷり入っていること。

とても喉が渇いていたのですが、そんな時、予想外に甘いジュースだったら、余計に喉が渇いてテンションが下がってしまいます。

しかし『THE PIOLA』の「フラワータルギエイド」は、さっぱりした味で、とても飲みやすかったです。

嫌な甘さは、一切なし。のどごしもさわやかで、渇いていた喉をスッキリ潤してくれました。

piolaのフラワーレモンエイド

ちなみに友人が頼んだのは、「フラワーレモンエイド」。値段は同じく、5,500ウォン。

友人に聞いたところ、こちらもさっぱりした味わいで、思わずゴクゴク飲んでしまうほど、飲みやすかったようです。

色彩豊かなお花に心癒やされるフラワーカフェ『THE PIOLA』のまとめ

カフェの場所は東大門ですが、にぎやかな場所から少し離れているせいか、先に入っていたお客さんが出て行かれた後は、ずっと友人と私の2人だけでした。

その間、スタッフのお姉さんはテキパキと1人でお花の世話をされたり、花束を作られたりしていたのですが、その光景がとても良かったです。

東大門は意外とおしゃれなカフェが見当たらず、いつも「どこか良いお店はないのかな?」とずっと思っていたのですが、『THE PIOLA』は、そんな悩みを解決してくれるカフェでもありました。

店内いっぱいに飾られているお花に癒され、とても落ち着いて過ごせるカフェ。1日中いろいろ歩き回り、ぐったりした状態でお店に入ったものの、たくさんのお花に囲まれながらおいしいエイドを飲み、ぼーっと過ごしていたら元気復活!

またふらっと立ち寄りたくなるし、1人で入りやすい雰囲気もいいなと思いました。このカフェの近くにはスタバなどもあるのですが、折角ならこちらのカフェでお茶をし、素敵な気分を味わっていただきたいです。

『THE PIOLA』の店舗情報

住所:서울특별시 중구 장충단로 209(ソウル特別市 中区 奨忠壇路 209)
営業時間:平日 → 9時~22時 土・日曜 → 10時~21時
アクセス:地下鉄4号線「東大門歴史公園」駅 5番出口より徒歩3分
instagram:@piolaflower

『THE PIOLA』MAP

서울특별시 중구 장충단로 209
error: Content is protected !!