ショッピング

【弘大】『SHOOPEN』安いのに使えるスニーカーなどがいっぱい!

韓国で、格安シューズのチェーン店として知られる『SHOOPEN(シューペン)』。スニーカーやパンプス、サンダルのほかにも、バッグやキャップなど小物も販売されているお店です。

レディースのみならず、メンズやキッズ用も取りそろえられています。

このお店の良い点は、デザインがちゃんとしているところ。安いとややイマイチな印象が払拭できないところがありますが、『SHOOPEN(シューペン)』は違います。

店舗はいくつかある中、立ち寄りやすい弘大店を利用することが多いです。それでは、今回の購入品などについて紹介します。

商品を購入した日:2019年4月11日(木)

「弘大入口」駅直結のビルの中にあり、利便性抜群!

弘大店は、地下鉄2号線や空港鉄道などが走っている「弘大入口」駅の1番出口に直結しているビルの1階にあります。

迷いながらお店を探さずに済み、さっと立ち寄って見ることもできます。

特に弾丸旅行の時は、時間との戦いですから、この利便性は本当にありがたいです。




色違いでスニーカーを購入しました

わりと広めの店内で半分はスニーカーやサンダル、あと半分の敷地には、パンプスやバッグ、ファッション小物が置かれています。

4月に旅行した際、購入したのがこちらのスニーカーです。コロンとした形がかわいらしく、シンプルで使いやすい感じも気に入り購入。

最初は黒だけ買うつもりが、好みの緑色にも惹かれ、両方買いました。

こちらの商品は本来1足15,900ウォンが、10,000ウォンになっていたので……。もう1足、買うよね~。

2足で、11,800ウォンも安く買えました。お得感たっぷりです。

ただ、よくよく見ると安い分、粗い造りが目につきます。店頭に出ていた残り少ない同じ商品を見比べてみたのですが、完璧と思えるものはありませんでした。

しかしながら、そもそもこんなに私の靴をまじまじと見る人などいないだろうと思い、気にせずゲット。

ちなみに店頭にあと1足しか残っていない場合、造りに不満がある場合は、必ず在庫があるかどうか店員さんに聞いています。べつに嫌な顔もせず、見に行ってくれます。

言葉に関しては、あまり気にする必要はなさそうです。なぜなら友人は、日本語で「これ、まだありますか?」と指差しやジェスチャーで意思疎通を図っています。

それでも何とか通じるようなので、残り1足に不満があった時は、店員さんに要確認です。

友人お気に入りの約20,000ウォンのスニーカー

私が購入したものは、値段相応にくだびれていくのも早そうですが、気持ちお値段が上がった商品に関しては、まだ大丈夫かもしれません。

友人曰く、上の画像の20,000ウォンくらいするスニーカーは、履きやすくてお気に入りなのだとか。もはや今では、「ここのスニーカーじゃないと無理」と言っていました。

足になじんでくれて、クッション性もあり、足が疲れないのだとか。(このあたりは個人差があるため、なんともかんともですが)

また、どれくらい持つのかと聞いたら、「ほぼ毎日はいていたら、1年くらいでダメになる」と言っていました。約20,000ウォンで1年も履けたら、十分元を取れているのではないでしょうか。

パンプスやファッション雑貨も要チェック!

写真は撮影していませんが、パンプスは大体30,000前後で売られていたはずです。いつも購入には至りませんが、決してやぼったいデザインではなく、ちゃんとオフィス用にも使えるものがそろっています。

ファッション雑貨に関しても、見ているだけで、テンションが上がるデザインのものがたくさんあるのです。また、靴下が格安で売られていたりします。

ゆっくり商品を見るなら、早めの時間が良さそうです

ちなみに店内は広めではあるものの、やはり夕方になってくると人が増えてくるため、落ち着いて吟味できないかもしれません。

その時々のスケジュールにもよりますが、もし弘大界隈でゆっくりするなら、ゆっくりじっくり選びたい場合、早い時間に商品チェックだけして、購入は帰りがけにするようにすると良いかも。

ゆっくり見られないというストレスもなく、荷物を持ち歩く必要もありません。それもまた、お店の利便性の良さのありがたいところです。

『SHOOPEN』弘大店

住所:서울특별시 마포구 양화로 153(ソウル特別市 麻浦区 楊花路 153)
営業時間:11時~23時
休業日:年中無休
アクセス:地下鉄2号線・空港鉄道「弘大入口」駅 1番出口を出てすぐ

『SHOOPEN』弘大店 MAP

서울특별시 마포구 양화로 153
error: Content is protected !!